スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に茅ヶ崎ひとり旅

しばらく大きな記事が続いたので、きょうは息抜きの軽いお遊び記事を。

6月25日の歌」の記事をきっかけに、サザン関連のブログをいくつかサーフィンしてみました。さすがにサザンファンの方、ものすごい熱狂ぶり。
いつの日か実現できるかどうかは分かりませんが、私なりの「サザン通り商店街」ツアーのアイデアを書いてみました。
サザン通り商店街地図

* 自宅に最も近い新幹線の駅は「豊橋」。目的地に最も近い「小田原」もこだま号のみの停車駅なので、こだま号の旅を楽しむ。静岡県は何と広いことか。
* 小田原から東海道線に乗り換え、当駅発の特別快速列車で茅ヶ崎駅へ。南口を出るとすぐに「サザン通り商店街」が見える。

<商店街の中のお店>
* 直進して左側に見えるのが「エトアール洋菓子店」で、「サザンロール」などのお菓子で有名。すぐに売り切れる人気商品だそうだけど、サザン通の方にでも詳しく聞かないと、いいタイミングをつかむのが難しそう。右側には茅ヶ崎小学校が見える。
* お菓子は難しいかもしれないけど、私はお茶が大好き。この旅最大の目的地である「茶商・小林園」に向かう。“夏も近づく八十八夜”の頃を過ぎれば、新茶が出始めるか。このお店の注目商品は「茶山」(サザン)という粉茶で、溶かして飲むタイプ。
* 注目の場所「サザン神社」は、小林園とは非常に近く、道路の反対側にある。例大祭は6月25日。建物の外壁の貼り紙に、パロディ型の「御祈祷メニュー」が書かれている。内容はサザンビーチサーフハウスの公式ブログが最も読みやすい。
* 商店街内の他のお店は、こちらで概観できる。

ショッピングや食事を楽しんだら、茅ヶ崎から小田原まで東海道線で引き返し、小田原から豊橋まで新幹線こだま号の帰途につく。

お店のサイトをよく見たら、エトアールのお菓子と小林園のお茶はFAXで通信販売も行っているそうです。インターネット注文によるトラブルが多いため、あえて通販注文方法をFAXに限定しているとのこと。

マイケルファンの立場で「茶山」のお茶を溶かして飲み、BGMには「勝手にシンドバッド」を聴こうか。30年間続いてきた超大物バンドは、いろいろな夏の歌を作ってきたけれど、やはり私には「勝手にシンドバッド」がサザンのすべてかもしれないな。

ちなみに「勝手にシンドバッド」の歌、嘉門達夫さんの替え歌バージョンでは
♪ラララララララララ/レレレレレのおじさん/ゲゲゲゲゲの鬼太郎…♪
になっているそうな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SC

Author:SC
とにかく音楽が大好き。クラシック・ポピュラーのCDで自室を埋め尽くしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。