スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初恋

Kozo_Murashita_First_Love_1  Kozo_Murashita_First_Love_2

初恋』 (作詞・作曲/村下孝蔵) <歌詞URL

初恋』『踊り子』など、不滅の名曲を残した伝説のシンガー・ソングライター村下孝蔵さん(1953年2月28日-1999年6月24日)。お元気で活動していらっしゃれば、きょう58歳を迎えるはずでした。
1999年6月24日-46歳での早すぎる別れ。完成させたばかりの新アルバム「同窓會」コンサート・ツアーに向けてのリハーサル中、突然高血圧性脳内出血で倒れ、入院先で昏睡状態に陥り、4日後に息を引き取った村下さん。旅立ちの日は何と、あの偉大なる美空ひばりさん(1989年6月24日没)の10回目の命日でした。

初恋』と『踊り子』の大ヒットは1983年。私は血気盛んな中学2年生だったのに、村下孝蔵さんの曲にはどういうわけか、リアルタイムの記憶が残っていません。なにせ自分のクラスメートときたら、派手なアイドル好きの女の子たちばかりで、村下ファンの友達はひとりもいませんでした。秋の遠足の時、クラスの子が手書きで作った「歌の本」の冒頭ページに『初恋』が選ばれたのですが、誰ひとり歌わなかったことだけは間違いない。
それから四半世紀の歳月が過ぎて、一昨年の夏に「美空ひばりさん没後20周年」を思い出し、6月に亡くなった人たちの命日カレンダーを見たら「1999年6月24日没」のシンガー・ソングライターが出てきました。そうして思い出をさかのぼったら「クラスメートにファンが誰もいなかった」名歌手に行き着いたわけです。

Kozo_Murashita_First_Love_3  Kozo_Murashita_First_Love_4

村下孝蔵さんは映画館経営者の家庭に生まれ、早くからエレキギターに関心を示したものの、最初からプロ音楽家志望ではなかったそうです。歌に出てくる「初恋」は、水俣第一中学校時代の片思いでした。広島に移ってピアノ調律師の職に就き、プロのシンガー・ソングライターとしてデビューしたのは1980年、27歳を過ぎてからの遅い出発でした。代表作『初恋』は1983年2月25日、彼の5枚目のシングル曲として発売されました。

派手なアイドル歌手が好きだったクラスメートのせいにはできませんが、私がリアルタイムで知る機会を逃してしまった「歌人」村下孝蔵さん。美空ひばりさんとの不思議な繋がりを知ってから、近所の友人たちやCD販売店員の方などのお話をうかがったり、さまざまな方のブログ記事を読んだりしました。ある小型CDショップ経営者の方は「村下さんのギター1本弾き語りコンサートに行ったよ」と話してくださいました。
葬儀で喪主を務められた奥様は、孝蔵さんの後を追うように病死されました。現在はつくば市内の墓地に壮大なお墓が建てられ、末息子に先立たれたご両親が自宅で遺品のギターを見守っているそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SC

Author:SC
とにかく音楽が大好き。クラシック・ポピュラーのCDで自室を埋め尽くしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。