スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THIS IS BRASS

MJ_Orgel_Collection  Michael_This_Is_Brass

6月8日、マイケル・ジャクソンさんの名作を吹奏楽に編曲したアルバム「THIS IS BRASS ブラバン! ~Beat It~」がEMIミュージック・ジャパンから発売されました。すべてオリジナルの新編曲で、演奏は松沼俊彦氏の指揮による「東京佼成ウインドオーケストラ」です。(案内サイト
私がジャクソンさんの「編曲物」アルバムを購入したのは、昨年5月末に発売された「MJオルゴール・コレクション“ヒール・ザ・ワールド”」(オーマガトキ/OMCA-4084)以来、ちょうど1年ぶりです。

<「THIS IS BRASS ブラバン! ~Beat It~」曲目一覧>
1.Bad - バッド
2.Beat It - 今夜はビート・イット
3.Thriller - スリラー
4.Jackson 5 Medley - ジャクソン5メドレー <アイル・ビー・ゼア~帰ってほしいの~ABC~さよならは言わないで>
5.Say Say Say - セイ・セイ・セイ
6.Billie Jean - ビリー・ジーン
7.Human Nature - ヒューマン・ネイチャー
8.I Just Can't Stop Loving You - キャント・ストップ・ラヴィング・ユー
9.Smooth Criminal - スムーズ・クリミナル
10.This Is It - ディス・イズ・イット

曲自体の知名度に加えて「吹奏楽で演奏効果の高い曲」が選ばれていることから、オルゴール・コレクションの選曲とは大幅に異なりますが(過去記事)両方に共通して選ばれたのが『Human Nature』(ヒューマン・ネイチャー)と『This Is It』(ディス・イズ・イット)でした。リハーサル映画の主題歌『This Is It』は特別な思いを感じさせる曲ですが『Human Nature』には不思議な魅力があるようです。オルゴールとブラスバンド-対照的な演奏形態のどちらにも合った編曲ができる。とんでもない奥行きの深さを感じずにはいられません。

ただひとつ、あるひとりのマイケルファンの欲張った願い。この吹奏楽編曲アルバムは「Thriller」から4曲(2・3・6・7)「BAD」から3曲(1・8・9)のラインアップで、1980年代の絶頂期に集中したため「他の4つのソロアルバムから選ばれた曲がない」のが気になりました。若き日の「Off The Wall」後半の作品「DANGEROUS」「HIStory」「Invincible」の曲が1つもない。できれば「DANGEROUS」の偉大なるメッセージ・ソング『Black Or White』(ブラック・オア・ホワイト)あたりにも挑んでほしかった(何て事を!)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SC

Author:SC
とにかく音楽が大好き。クラシック・ポピュラーのCDで自室を埋め尽くしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。