スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太田胃酸

クラシック音楽をほとんど知らない人でも、「太田胃酸」テレビCMは大半の方がご存じでしょう。ここで流れるピアノ曲は、フレデリック・ショパン作曲『24の前奏曲 作品28』の第7番目の曲です。

この曲が選ばれたのは「胃腸」(いちょう)のくすり→音楽の「イ長調」(シャープ3つ、A-major)の語呂合わせにより、胃腸薬の雰囲気にぴったり合う短いイ長調の曲を探した、という逸話は有名です。

Medicine_1Medicine_2Medicine_1

ショパンのピアノ音楽に関心を持ち『24の前奏曲』のCDを買い求め、初めて通して聴いた時、第7番・イ長調にさしかかったら「あ~“太田胃酸”の曲だ!」と驚かれた方もおられるのではないでしょうか。(かなり昔のことですが、私自身がそうでした。)


この曲集の第15番・変ニ長調(フラット5つ、D-flat major)には「雨だれのプレリュード」という俗称がつけられました。曲名だけをご存じの方も多いことでしょう。意外なことに思えるかもしれませんが、こういった俗称の題名は、作曲者ショパンが自分でつけたものではありません。

それでは“太田胃酸”の曲のピアノ実演を聴いてみましょう。雰囲気の違いがすぐ分かると思いますよ。

左下の動画では、ピアノの鍵盤が見えます。テレビCM曲をピアノで練習している映像でしょうか。関連動画に類似のCM曲演奏がいろいろあります。
右下の動画は、ポーランドの新鋭ラファウ・ブレハッチさんが、2005年の第15回ショパン・コンクール第1次予選に登場した時の演奏です。ブレハッチさんはこのコンクールで、他の参加者を寄せつけない圧倒的な評価を得て優勝しました。

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SC

Author:SC
とにかく音楽が大好き。クラシック・ポピュラーのCDで自室を埋め尽くしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。