スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャプテン翼

Captain_Tsubasa_1   Captain_Tsubasa_2

いくら私が普段からサッカーに疎いとはいえ、4年に1度のワールドカップの時は、世界最高峰レベルの試合を皆で一緒に見たい。サッカー日本代表は、1998年フランス大会で悲願のワールドカップ初出場を果たし、今年のブラジル大会では「5大会連続5度目」の出場を決めました。
<ワールドカップ日本代表・グループリーグ/グループC> (日付は現地時間
* 第1試合:コートジボワール戦(6月14日)-日本 1-2 コートジボワール [1敗]
* 第2試合:ギリシャ戦(6月19日)-日本 0-0 ギリシャ [引き分け]
* 第3試合:コロンビア戦(6月24日)-日本 1-4 コロンビア [2敗1分:予選敗退

日本におけるサッカー文化は、1980年代を代表する人気漫画『キャプテン翼』(原作・高橋陽一)抜きには語れないでしょう。この作品は1981年-1988年に「週刊少年ジャンプ」で連載され、日本全国の多くの若者たちがサッカーに親しむようになりました。漫画の連載期間は、ちょうど私の中学生・高校生時代と重なったので、クラスの友人たちもリアルタイムで熱中した人が多かったことでしょう(私が知らないだけ)。
日本がまだワールドカップに出場したことがなく、サッカー最大の祭典が遠い彼方の憧れだった時代に描かれた『キャプテン翼』の影響で、この国にもトップ選手が育ち始めました。(毎日新聞デジタル

1993年に「Jリーグ」が発足した年は、私もいろいろな試合をテレビで見ました。1994年のワールドカップ・アメリカ大会のアジア最終予選で、試合終了間際にイラクと引き分け、初出場を逃した「ドーハの悲劇」の試合、1998年フランス大会のアジア最終予選でイランに勝ち、ようやく初出場を決めた試合など…本格的な観戦はやらない“にわかサッカーファン”だけど、大事な試合は皆と一緒に見てきたか。
2002年は「日韓共催」ワールドカップで、開催国特典がありました(予選出場免除)。その後も、2006年ドイツ・2010年南アフリカ・2014年ブラジルの3大会連続で、日本代表はアジア予選をトップで通過できるようになりました。

キャプテン翼』のアニメ放送は、1983年から始まりました。オープニング・テーマ曲『燃えてヒーロー』を最初に歌った人は、あの沖田浩之さんで、途中から竹本孝之さんに変わりました。
沖田浩之さんといえば『E気持』(イーきもち)の印象が強烈で“カッコいいスーパーヒーロー”をテレビで演じてきた人だけに、1999年3月27日に自ら選んだ最後が、ひときわ衝撃的でした。

燃えてヒーロー』 (歌・沖田浩之/作詞・吉岡治/作曲・内木弘) <歌詞URL

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SC

Author:SC
とにかく音楽が大好き。クラシック・ポピュラーのCDで自室を埋め尽くしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。