スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラキュラのうた

Dracula_MosquitoDracula_MosquitoDracula_Mosquito

ドラキュラのうた』 (作詞・小黒恵子/作曲・クニ河内) <歌詞URL:12

真夏の悩みのひとつに「に刺されること」を挙げられる方は多いでしょう。どうして自分はいつもに刺されるんだろう、刺された所がかゆくてたまらないよ、早く薬を塗らないと…。
人間を刺すの側から「擬人化」した3連の歌詞と、笑いを誘うユーモラスなメロディー。1975年8月-9月にNHK「みんなのうた」で大ヒットした『ドラキュラのうた』は、私の子供心にも忘れられない歌のひとつでした。

今年4月1日に亡くなられた児童文学作家・小黒恵子さんの訃報を見た時、最初は「何を作った人か」思い出すのが大変で、いくつかのニュースサイトを見て回りました。ようやく『ドラキュラのうた』の曲名を見つけた時「これの作詞者か!」と気づき、子供の頃のように歌ってみたくなりました。
♪おいらはやぶっ吸血鬼 ブーン ブーン…♪
作曲者・クニ河内さんのことは、この曲で覚えたようなもの。あの頃が彼の最盛期で、作曲家・編曲家として「ユーモアに満ちた音楽を作る人」という印象がありました。ところが、歌詞を作った人の名前は全然知らなかったわけです。
4月はの季節ではないため『ドラキュラのうた』は真夏まで待つことにして、小黒恵子さんの追悼記事の題材は『ぼくんちのチャボ』(1980年/作曲・三枝成章)を選びました。(4月18日

「ドラキュラ」(Dracula)とは、アイルランドの小説家ブラム・ストーカー(1847年11月8日-1912年4月20日)が1897年に出版した小説の題名で、主人公の吸血鬼の名前(固有名詞)です。
暑い真夏に人間を刺すを、小説の主人公のような「吸血鬼」に見立て、が面白がる様子を愉快な言葉遣いで描いてみせた、小黒恵子さんならではの発想に驚かされます。この詩にぴったり合う音楽を書ける人も、クニ河内さん以外は考えられないでしょう。

[動画URL:Dailymotion] - オリジナル・クニ河内さんの歌唱版は、ここしかない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SC

Author:SC
とにかく音楽が大好き。クラシック・ポピュラーのCDで自室を埋め尽くしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。