スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤いサラファン

Red_Sarafan_1   Red_Sarafan_2

赤いサラファン』 (日本語詞:津川主一) <歌詞URL:1234
«Красный Сарафан» (Nikolay Tsiganov / Aleksandr E. Varlamov)

今年も「成人の日」が終わり、20歳の「新成人」たちが社会に巣立って行きました。元気はつらつとした若者たちの姿を見守りながら、大人たちは自分の若かりし日を振り返り「若い時はいつまでも続かず、瞬く間に終わるものだよ」と言い聞かせる…。
有名なロシア歌曲『赤いサラファン』は、若い娘と年老いた母親の会話の歌です。19世紀前半の帝政ロシアで生まれた歌曲は、日本にもかなり早く伝えられて、何人かの訳詞家が翻訳を手がけました。記事冒頭に載せた「歌詞URL:12」では、この歌い出しの訳詞をリンクしてあります。
赤いサラファン縫うてみても 楽しいあの日は帰りゃせぬ…♪

「サラファン」とはロシアの女性用民族衣装の一種で、ブラウスの上に羽織るジャンパースカートのような形状をしています。スタイルも色も多種多様にありますが、赤いサラファンは婚礼衣装として用いられました。
ロシア歌曲《Красный Сарафан》の原詩は、全部で10連構成になっています。前半の第1連-第5連は娘が結婚の話に反発して「私に赤いサラファンを縫わないでね、もう少し自由を楽しみたいの」と言います。後半の第6連-第10連は母親が、結婚を嫌がる娘に「若い時の楽しさは、じきに終わるものだよ。私にも若い娘時代があったのだよ」と語りかけます。(原語で歌う海外曲
津川主一氏の訳詞は、後半の母親のせりふに絞って作られています。年配の女性の話し言葉を用いることで「おばあちゃんからのメッセージ」が、日本の聴き手の心にも届くような名訳です。

<『赤いサラファン』作者・訳者プロフィール>
作詞者:ニコライ・ツィガーノフ(Nikolay Tsiganov)…1797年(?)-1831年(?)。サンクトペテルブルク生まれの俳優・詩人。彼の没後、雑誌に掲載された詩が『赤いサラファン』の歌になった。
作曲者:アレクサンドル・ヴァルラーモフ(Aleksandr Egorovich Varlamov)…1801年11月27日-1848年10月27日。モスクワ生まれの作曲家。歌曲作曲のみならず、歌唱法の本の著述やロシア・ウクライナの民謡編曲にも取り組んだ。(英文資料例:12
訳詞者:津川主一(つがわ・しゅいち)…1896年11月16日-1971年5月3日。愛知県名古屋市出身の教会音楽家・合唱指揮者・訳詞家。訳詞分野では、教会賛美歌の翻訳やスティーブン・フォスターの歌曲研究などで広く知られる。
この曲は「ロシア民謡」と書かれることが多いのですが、作者名が分かっているので、より厳密に分類すれば「民謡」ではなく「歌曲」になります。歌の成立年代は、ツィガーノフの没後間もない、1833年-1834年頃と考えられています。

私が初めてこの歌を知ったのは、まだ10歳ぐらいの時で、クラシック音楽入門者向けのLPレコードセットを通して覚えました。その当時はまだ育ち盛りの子供で「若い時もいつかは終わる」と考えたくない年頃でしたが、あれから何十年の時が流れ去り、心身が否応なしに衰え始めた今は ♪楽しいあの日は帰りゃせぬ…♪ と語りかける母親のせりふが、自分の実感になっています。

コメントの投稿

非公開コメント

ロシア民謡は、どれも深みのあるメロディと歌詞に、いつも惹き込まれます。

この曲の歌詞は部分的にしか知りませんでした。
「若い時はいつまでも続かず、瞬く間に終わるものだよ」と言う内容だったのですね。
歌詞を味わいながら聞くと、この歌の素晴らしさが、心に沁みて行きました…

Re: タイトルなし

alfmomさん、こんにちは。いつもありがとうございます。

ロシア語のアルファベットに違和感を覚えるのか、私のブログでは、この国の歌は「まだ2曲目」なんですよ(恥)。
4年前の夏、2011年6月に『カチューシャ』をやったことがあるだけ。それも変なきっかけから。

私も2年前から「老眼鏡」が必要になり、いろいろ衰えを感じ始めたので、若い子たちに『赤いサラファン』を歌って聴かせたいなあ。

訳詩がちょっと違うようですが。

僕もこの歌は兄達が歌っていたので。10歳頃覚えました。
当時は林光さんなどが、監修した青年歌集という冊子が学生の間で流行っていたようです。労働歌、内外の民謡などが中心で歌声運動のベースになった歌集で、この歌もロシア民謡の中に入っていました。
どちらが 正しいのか分かりませんが、僕の覚えた歌詞とこのYou-Tubeのものは少し違っています。
僕も以前ダーク・ダックスのコーラスでアップしましたが、残念ながらYou-Tubeが削除されているので、同じ歌詞で歌われているURLを載せますので、聞いてみてください。

http://youtu.be/TNwvvnbcSYU

Re: 訳詩がちょっと違うようですが。

nonkig3さん、こんにちは。いつもありがとうございます。

あれあれ…私が注意深く聴かないで、適当に動画を入れてしまったようだなあ。
nonkig3さんの添付された動画のほうが、津川主一さんの訳詞通りに歌っていました。

この曲もいろいろ訳詞があって、一番古いものだと、大正2年までさかのぼるそうです。
私が入れた物は、どうなってるんだか、さっぱり分からないですね(ゴメンナサイ)。

「赤いサラファン」は古いロシアの民謡だと聞いていましたが、母親と娘の会話が微笑ましくて、日本では考えられない歌でロシアの深さを感じていましたね!
一人でよく唄っていますよ~~~♪

Re: タイトルなし

ゆくさん、こんばんは。いつもありがとうございます。

ゆくさんとブログで出会った時(2010年12月)ロシアの曲がお好きだと聞いたけど、私はあのアルファベットが苦手で、やっと2曲目を出したばかりです。
2011年6月に出した『カチューシャ』以来、3年半ぶりだとは…情けないですね…。
プロフィール

SC

Author:SC
とにかく音楽が大好き。クラシック・ポピュラーのCDで自室を埋め尽くしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。