スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菩提樹

Schubert_Winterreise  Schubert_Lindenbaum

菩提樹』 (作曲:Franz Schubert/日本語訳詞:近藤朔風
(原作詩:Wilhelm Müller) <歌詞URL:日本語訳原詩・対訳

「歌曲王」と呼ばれるフランツ・シューベルト(1797年1月31日-1828年11月19日)は、31歳9か月という短い生涯の間に、1000曲にものぼる作品を書き残しました。その中でも『美しき水車小屋の娘』(1823年)『冬の旅』(1827年)『白鳥の歌』(1828年)は「三大歌曲集」として広く知られています。
本ブログの過去記事では、開設した年の2010年11月19日付で『美しき水車小屋の娘』の最終曲である『小川の子守歌』《Des Baches Wiegenlied》を聴きながら、作曲家の命日を考えたことがありますが、シューベルトの歌曲に関する記事はそれっきりでした。(2010/11/19

シューベルトが死の前年に、彼の全精力を傾けた全24曲の連作歌曲集『冬の旅』は、4年前の1823年に書いた『美しき水車小屋の娘』と同じく、ヴィルヘルム・ミュラー(1794年10月7日-1827年10月1日)の詩に曲をつけたものです。第5曲『菩提樹』《Der Lindenbaum》は作曲直後から広く知られ、日本でも近藤朔風(こんどう・さくふう、1880年2月14日-1915年1月14日)の訳詞で歌われてきました。
♪泉に添いて 茂る菩提樹…♪
冬の旅』の主人公は、失恋の痛手に苦しみ、村を離れて放浪の旅に出ますが、どこにも安らぎを見いだすことができません。途中で1本の菩提樹を見つけ、木の幹に愛の言葉を彫りますが、枝が風にそよぎながら「あなたの安らぎはここに」と呼びかける音にも、耳を背けて去って行きます。

冬の旅』 ヴィルヘルム・ミュラーの詩による連作歌曲集 <全訳
«Winterreise» Liederzyklus nach Gedichten von Wilhelm Müller
1.Gute Nacht (おやすみ)
2.Die Wetterfahne (風見)
3.Gefrorne Tränen (凍った涙)
4.Erstarrung (氷結)
5.Der Lindenbaum菩提樹
6.Wasserflut (溢れる涙)
7.Auf dem Flusse (川の上で)
8.Rückblick (回想)
9.Irrlicht (鬼火)
10.Rast (休息)
11.Frühlingstraum (春の夢)
12.Einsamkeit (孤独)
13.Die Post (郵便馬車)
14.Der greise Kopf (霜おく頭)
15.Die Krähe (からす)
16.Letzte Hoffnung (最後の希望)
17.Im Dorfe (村にて)
18.Der stürmische Morgen (嵐の朝)
19.Täuschung (幻)
20.Der Wegweiser (道しるべ)
21.Das Wirtshaus (宿)
22.Mut (勇気)
23.Die Nebensonnen (幻の太陽)
24.Der Leiermann (辻音楽師)

明治後期から大正初期にかけて活動した訳詞家・近藤朔風も、作曲家シューベルトと同じく、あまりにも薄命だった天才芸術家のひとりでした。朔風が1915年(大正4年)1月14日に「34歳11か月」という若さで急逝してから、ちょうど100年目を迎えた命日に『ローレライ』(ハイネ作詞/ジルヒャー作曲)をブログで調べたばかりです。(2015/01/14
富山大学教育学部紀要近藤朔風とその訳詞曲再考」研究論文によれば、彼が35年足らずの短い生涯中に手がけた訳詞は、ドイツ歌曲が圧倒的に多い中で、バンジャマン・ゴダール(1849年8月18日-1895年1月10日)作曲『ジョスランの子守歌』のようなフランス歌曲もあり、ショパンの歌曲『乙女の願い』まで残っているそうです(15-18ページ)。

シューベルト作曲『菩提樹』の訳詞は、1909年(明治42年)11月発行の唱歌集「女聲唱歌」(全25曲収載/天谷秀・近藤逸五郎編/水野書店)に収められました。全25曲中14曲の訳詞を近藤朔風(文名)が自ら書き、『ローレライ』やヴェルナー作曲『野ばら』もこの歌集に取り上げられました。(「女聲唱歌」曲名一覧:うたごえサークルおけら
朔風はどのようにして、訳したい楽曲を選んでいたのだろう。シューベルトの歌曲集《Winterreise》からは第5曲《Der Lindenbaum》を選んで『菩提樹』の訳語を当て、木の枝が歌曲集の主人公に呼びかける言葉に「ここに幸あり」を当てるとは。名訳詞家の手によって、シューベルトを代表する名作歌曲が、日本人の心にも届くしかたで伝えられたのです。

(日本語訳詞歌唱。ソプラノ歌手・鮫島有美子さんによる)

(《Winterreise》ドイツ語歌唱。バリトン独唱:ヘルマン・プライによる)

コメントの投稿

非公開コメント

良く知っている歌だと思ってましたが、歌詞で覚えているのは「泉にそいて 茂る菩提樹」と最後の「ここに幸あり」だけでした。
何時ごろ良く聴いたのかはっきりしませんが、子供の頃だったのは確かです。
文語調の歌詞ですから、子供には覚えにくかったんでしょうね。

Re: タイトルなし

nonkig3さん、こんばんは。いつもありがとうございます。

訳詞が作られたのが「明治42年」では、文語体の言葉が難しく感じるのも、いたしかたないだろうな。
「ここに幸あり」の一節は、その後も日本文化に生き続けている。大津美子さんの歌の大ヒットもありましたね。

おはようございます。

おはようございます。
こちらのコメントでは、はじめまして…。(笑)
「菩提樹」、いいですね。
鮫島有美子の声が澄んでいて素晴らしい!
この歌手なら あと2度ほどキーを上げても余裕ではないかなと思ったりしながら聞いていました。
恥ずかしながら歌詞はまったく覚えていませんでしたが、曲は覚えているんですよ。
この時代の訳詩や歌詞は難しくて辞書を片手に聴かないと意味が理解できないんですが、その分中味が濃いですね。
今のおしゃべり歌との乖離を感じますよ。
いつも詳細な解説に感心しています。
これからもよろしくお願いします。

Re: おはようございます。

とらじろうさん、こんにちは。いつもありがとうございます。
1月8日付「メリーさんの羊」でコメントを頂いた時、ブログのリンクを貼らせて頂きました。

シューベルトのメロディーがいいんですよね。どうして、あんな素晴らしい作曲家が、31歳なんかで…。
うちにも鮫島有美子さんの「愛唱歌集」ボックスセットCDがありまして、母のお気に入りでした。
昔の日本語の歌は「言葉」を大事にして、海外からの輸入曲の訳詞にも、注意深い考察を払っていましたね。

本当に美しい日本語です。
これを以前所属していたコーラスのメンバーと共に合唱した時は、感動しました。
この音を発するだけで、豊かな気持ちになっていました。

34歳11か月。本当に短い生涯だったのですね。
その生涯の中で、素晴らしい作品を残されましたね。

Re: タイトルなし

alfmomさん、こんばんは。いつもありがとうございます。

リンク先「うたごえサークルおけら」の資料は、いつもこのブログで利用していますが「女聲唱歌」よりも前の唱歌集だと、どの詩人も「訳詞」には相当苦労していたようです。
適当に日本語を当てるだけで精一杯、そんな曲が多かった中で、近藤朔風の才能はずば抜けていたのに…。

ドイツ歌曲以外だと、ゴダール作曲『ジョスランの子守歌』も有名で、midi音サイトにも載っていました。
今は聴く機会のない“レア物”の中では、ショパンの『乙女の願い』も、いつか聴いてみたいです。
プロフィール

SC

Author:SC
とにかく音楽が大好き。クラシック・ポピュラーのCDで自室を埋め尽くしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。