スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だれかが風の中で

Kogarashi_Monjiro  Kogarashi_Monjiro  Kogarashi_Monjiro

だれかが風の中で』 (歌・上條恒彦/作詞・和田夏十/作曲・小室等) <歌詞URL

まだまだ厳しい寒さが続き、木枯らしも吹く2月。今月最初の記事は、テレビドラマ「木枯し紋次郎」の主題歌『だれかが風の中で』(1972年)を聴いてみましょう。

♪ど~こかで~ だ~れかが~♪
上條恒彦さんならではの骨太な歌声が、テレビを通して響き渡った名作。『だれかが風の中で』の歌詞を手がけた「和田夏十」(わだ・なっと)とは、シリーズの制作指揮を執った市川崑監督の妻・由美子さんのペンネームです。彼女は夫の作品を中心に、優れた脚本家として活動しましたが、1983年2月18日に62歳で亡くなりました。
小室等さんと上條恒彦さんは長年の音楽仲間であり、「上條恒彦六文銭」の出世作『出発の歌~失われた時を求めて~』(たびだちのうた)も、小室さんが曲を書きました。(『出発の歌過去記事あり)
マカロニ・ウエスタン風の斬新な編曲を施したのは、あの寺島尚彦氏で、作曲者・小室等さんからの依頼で実現したそうです。

多数の時代小説・推理小説を残した笹沢左保氏(ささざわ・さほ、1930年11月15日-2002年10月21日)最大のヒットシリーズ「木枯し紋次郎」。時代小説をほとんど読まない私が『だれかが風の中で』の歌に出会えたのは、フォークソングマニアなのと、上條恒彦さん&小室等さんとの繋がりで『出発の歌』が気に入ったからでした。

紋次郎役を演じた主演俳優・中村敦夫さんについては、最近新たな情報が入り、2015年上半期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「まれ」への出演が決定しています。(NHKオンライン

コメントの投稿

非公開コメント

CORAさん、こんにちは!
上條恒彦は元々は西部新宿駅前にあったうたごえの店ともしびの2店舗めの吉祥寺店で歌唱リーダーとして歌われていたんですよ。
丸山明日果「歌声喫茶灯の青春」に、ともしびの初代歌唱リーダーを追跡した本の中に出ています。

上州新田郡三日月村で生れた紋次郎、長い楊枝をくわえて「あっしには関わりのねぇこって」と決まり文句を言いながら、旅の途中で様々な事件に巻き込まれる、大好きなドラマでした。
この歌、編曲をあの「ざわわわ、ざわわ…」でお馴染みの「さとうきび畑」の作曲をした寺島尚彦さんでした。
TVドラマの主題歌としては、大好きな一曲です。

それ程この番組を見ていた訳ではありませんが、異色の時代劇でした。
この洗練されたテーマ曲を聞くのが楽しみでした。
上条恒彦のヴォーカル、素晴らしかったです。

そして、「旅立ちの歌」も、力強く、未来への希望を感じさせる名曲でした。
小室・上条コンビ、見事な連携でした。


市川崑・和田夏十、素晴らしい映像作品を多数世に送り出されました。
中村敦夫と言う配役が良かったのだと思います。
政界や学問の世界でも活躍され、能力の多彩さを示された方でした。
今も現役で活動されているのですね。


Re: タイトルなし

ゆくさん、こんばんは。いつもありがとうございます。

どうりで、上條恒彦さん『出発の歌』で有名になった時の年齢が、だいぶ遅いですね(1940年3月7日生まれ)。
うたごえ喫茶の歌唱リーダーを経て、第2回世界歌謡祭(1971年11月開催)で『出発の歌』がグランプリに輝き、間もなく『だれかが風の中で』の歌唱に抜擢されたのですね。

Re: タイトルなし

nonkig3さん、こんばんは。いつもありがとうございます。

うちにあるフォークソング大選集(CD15枚組)に入ってるかな→ちゃんと入っていました(CDを買わなくて済む)。
そうしたら「編曲・寺島尚彦」の名前にびっくり。『さとうきび畑』は、ブログ開設直後のほやほやの頃に出したことがあります(2010年6月23日付)。
小室さんが書いてきた曲の中でも『だれかが風の中で』は、今までにないタイプの歌だった。わざわざ『さとうきび畑』の寺島さんに、小室さんがお願いに行ったそうです。

Re: タイトルなし

alfmomさん、こんばんは。いつもありがとうございます。

「木枯し紋次郎」はそれまでにない、異色の時代劇だった。すべてが適材適所の起用で、空前の大ヒットをとったんですね。
私はまだ幼かった子供の頃。うちの父親は見ていたかな(聞いたことがない)。
紋次郎の主題歌には(『出発の歌』がヒットしたばかり)上條恒彦さん以外の歌い手はいなかった。
小室等さんも、劇音楽の経験があったんですね(『雨が空から降れば』はもともと劇の挿入歌だった)。

中村敦夫さんも、若い頃から政治への関心が高かったそうで、それで参議院議員1期まで務められたのですね(1998年-2004年)。
今年上半期の「連ドラ」に出演されるとは。連ドラファンの皆様にも「木枯し紋次郎の人」覚えてもらえるといいな。

ああ、懐かしい

突然で恐縮です。
1962年生まれの私は当時10歳、
フジテレビ土曜夜10時半(9時半?)からの「木枯し紋次郎」を見ておりました。
緒方健が出ていた日テレ「必殺仕置き人」が10時~11時で、
変な具合に重なっていたように記憶します。
はい、このテーマ曲も気に入っておりました。
「木枯し紋次郎 上州新田郡三日月村の貧しい農家に生まれたという。
10歳の時に故郷を離れ、その後一家は離散したと伝えられ、
天涯孤独な紋次郎が、その後どういうわけで、無宿渡世の世界に入ったかは定かでない」…
もう一度見たいです。
(-.-)

Re: ああ、懐かしい

ゴランさん、はじめまして。コメントを頂き、ありがとうございます。

おお、私から見たら、いくらか人生の先輩の方ですね(私はあの当時、わずか3歳だった)。
木枯し紋次郎は、天涯孤独なキャラクターとして人気を集め、笹沢左保を代表する人気シリーズになりましたね。
DVD-BOXのセットは、今も普通にネット通販で購入できるようだけど、なにしろ高いから、ファンの方はまたテレビの再放送で見たいでしょうね。
プロフィール

SC

Author:SC
とにかく音楽が大好き。クラシック・ポピュラーのCDで自室を埋め尽くしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。