スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありのままの自分で ~メーガン・トレイナー~

All_About_That_Bass_1   All_About_That_Bass_2

昨年を代表する大ヒット曲として、世界中に響き渡ったメッセージ-人はみな「ありのままの自分でいいの」というアピール。こちらは、あのディズニー映画『アナと雪の女王』主題歌の話ではありません。
きょうの題材は《All About That Bass》(オール・アバウト・ザット・ベース)という歌で、アメリカの女性シンガー・ソングライターであるメーガン・トレイナーさんが、デビュー作でいきなり全米の頂点に立った曲です。その題名の意味は「私は重たい身体なのよ」。自らも“ぽっちゃり”の体型をした若い女性が、同じ悩みを抱える無数の人たちを元気づけるために作った歌は、2014年の全米チャートで「8週連続」1位の座に輝き、ファレル・ウィリアムスさんが歌った《Happy》(ハッピー)の「10週連続」に続く大記録を打ち立てました。(ファレル・ウィリアムスHappy過去記事あり)

“bass”(ベース)とは「重低音」のことで、対義語は“treble”(トレブル:高音)です。ステレオ装置で音量・音質の操作が可能な物は、重低音(bass)と高音(treble)の調節つまみがあります。ステレオアンプの調節つまみと語呂合わせをして「私は重低音のようだけどね~」と自己表現しているわけです。大きなお尻にはものすごい魅力があるんだよ。(→女性の幸せは、体型で決まるものではない-。)
この歌詞と公式動画が、世界中で熱烈な大反響を呼び、日本の音楽メディアはメーガン・トレイナーさんを「ぽちゃカワ歌姫」と呼ぶようになりました。(ぽっちゃり+カワイイ)
私がこの曲に興味をそそられたのは、自分も「中年太り」に悩み始めているから。今まで履いてきたスカートが入らなくなってきて、ウエスト総ゴムタイプを買い足す必要に迫られています。

メーガン・トレイナーさんは1993年12月22日、マサチューセッツ州ナンタケット生まれ。ソロ歌手としては《All About That Bass》が「デビュー曲」とはいえ、すでに豊富な音楽経歴を積んでいて、高校生時代から著名なアーティストへの楽曲提供を行っていたそうです。
このたび、メーガンのデビューアルバム『TITLE』(タイトル)の日本盤発売と、待望の初来日公演の計画が決定しました。楽曲解説と歌詞対訳つきの日本盤CDは、3月4日にソニー・ミュージックからリリースされ、来日公演「Meghan Trainor THAT BASS TOUR」(ザット・ベース・ツアー)は4月18日から始まります。(公演情報

«All About That Bass» by Meghan Trainor <歌詞URL日本語訳例

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SC

Author:SC
とにかく音楽が大好き。クラシック・ポピュラーのCDで自室を埋め尽くしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。